Catch on Everywhere

いろんなものの練習をするブログ

人はなぜ(無償で)イベントを企画するのか

この記事は金曜日の29時ごろ書いたわけですが、

自分で読んでも普通に意味不明の文章になっています。

テンションをそのままお伝えするため、校正せずに投稿します。

はじめに

これはSplathon Advent Calendar 2018 - Adventarの24日目の記事です。

こんばんは、みーくんです。

もともと予定してたタイトルは

うるせ〜〜!!!!!知らね〜〜〜〜!!!!𝑭𝑰𝑵𝑨𝑳 𝑭𝑨𝑵𝑻𝑨𝑺𝒀

でした。僕が後のことを何も考えてない性格だということがよく分かりますね。

Splathonについては、コミュニティオーナー kawakuboxさんによる1日目の記事

kawakubox.hatenablog.com

をご覧ください。

Splathonでは各種オンラインイベントオーナーとして活動していましたが、 イキリが発動し、来年2月に開催される Splathon #9 のイベントオーナーもやることになりました。

この記事では、なんでイベントをやってるのか、なんでオフラインまでやりだしたのかを書いてみようかなと思います。

なんでイベントをやるのか

今まで

  • Splathon Online League #2, #3
  • Splathon eXtreme #1, #2

のイベントオーナーをしてきました。

これらとLadderは、通称 Online Event Admin と呼んでいるチーム*1があって、そのメンバーで運営企画をしています。
このチームは非常に優秀な人ばかりで、一人に負担が集中することもなくうまく分散しつつタスクを進行できているなと感じます。

各イベントをやって、毎回やりたいことを少しずつ入れていって、反応をみてまたやりたいことをやっていく。このサイクルは麻薬に近いものがあります。

イベント企画運営していると(分業しているとはいえ)時間・金銭リソースはガンガン消費されていくわけですが、 参加してくれた人がTwitterとかブログとかで「楽しかった」などの感想を書いてくれていると、 まあやりたいことやれてるしいいのかなという気持ちで今までやってきてます。

しかし、ほぼ空き時間なくずっとイベント運営をしていると、当然私生活へのマイナス面が出てきます。

企画運営に時間が取られ、自分がイカをやる時間や仕事関係の勉強時間がガッツリ減ってしまい、さらにお金も消えていきました。

たまにアンケートで「え、普通そんなん書く???」となるような感想が書かれ、一気に精神が削られることもあります。

それでも、なんでイベントをやるのか

マイナスがあるならこれ以上手を広げるのをやめればいいじゃん、という声が聞こえてきそうです。

超正論なので耳が痛いです。

....なんですが、こんだけイベントを好き勝手やっているけど、やればやるほど、もっとこうしたい!という欲が増大していくわけです。

もともとRAGEを現地観戦しにいってたことや、参加者としてスプラトゥーン甲子園に出た経験などを通じて、

オフラインのゲームイベントが人に与えるパワーはものすごく大きい

と感じていました。

これって、どれだけ頑張っても、オフラインイベントじゃ満たせないんですよね。
名前も知らない隣にいる人と、リアルタイムで感動を分かち合ったりはできないわけです。

そうなったとき、今の自分が手を出せる場所といったら、Splathon本体しかなかったのです。

そうして、イキリが発動してしまった僕は、ついにオフラインのナンバリングタイトルにも手を出してしまったのでした。

おわりに

自分のやりたいことベースで進行しているので、そのぶん身体を張ったつもりでいます。

たとえば機材や会場をスポンサードしてくださる企業を探すためにアポを取りまくったり、 だめだったら社内でなんとかならないかと役員や親会社と調整して回る日々でした。

割と地獄のような感じでした。

そんな中めちゃくちゃ助けてくれたOnline Event Adminのみんなには感謝してもしきれないです。

また、今までSplathon #1~8を運営してきた先駆者達が作った礎があったからこそ、 自分が好き勝手にウワモノを乗せることができています。

いろいろすれ違いもありましたが、最終的に自分に担当させてもらえたことに感謝しています。

あと、みんなイベントの感想とかブログやTwitterに書いてください。

参加者の「楽しかった」という声があるだけでイベント企画する元気が出ます。
SOLとかLadderのチームでどういう話をしてた、とかそういう感じのレポートとかあると超喜びます。

--

さて、明日はついに大トリです。

皆さんお待ちかね、謎の外国人 D氏による

走れそりよ 風のように 雪の中を 軽く早く 笑い声を 雪にまけば 明るいひかりの 花になるよ ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る 鈴のリズムに ひかりの輪が舞う ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る 森に林に 響きながら黒塗りの高級車に追突してしまう。 後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、 車の主、暴力団員谷岡が言い渡した示談の条件とは…。

です。なんだよこれ。

*1:kawakubox, awa, tsukaby, nagayama, ta, *******. 敬称略. 事情があって1人だけ名前出さないでおく